BTO高知公式Blog、BTOPCINFO.com。最新BTOパソコンの情報や、運営情報等お知らせしています。

ディスプレイドライバの応答停止と回復

今回当店で起こったディスプレイドライバの応答停止問題をまとめてみました。

まずこの問題に悩まされている方のために結論から言いますと、
当店での問題はメモリーを交換することで解決しました。

もちろんメモリーテストはクリアしており、memtest86+ v.4.00のパスを連続で12回、
トータルで18回、v.2.11で連続7回ノーエラーでした。

なので、メモリーテストをクリアしているからといって大丈夫というわけではありません。

この問題で悩まれている方は、メモリーをまず1枚にして問題が発生するか確認し、
問題が発生すれば別のメモリーに差し替えて再度検証してみて下さい。

メモリーが問題だった場合、2枚ともに不具合がでる可能性は低いと思います。
差し替えても問題が解決しなかった場合は別に問題がある可能性が高いです。

その場合は残念ながらこの記事は意味を成さないので、他を探してみて下さい。

それでは、最初からまとめてみます。

1.問題の発生

※問題が発生した1台目の構成。

マザー:GA-EX58-UD5
ビデオカード:GV-N26SO-896I
メモリー:UMAX Cetus TCDDR3-6GB-1600OC
OS:Windows7 Ultimate 64Bit


当店では高負荷テストに3dmark06を使用しているのですが、
完走せずに途中で終了してしまいました。


devicelost.jpg
3dmark06のエラー画面。「Device lost」となっている。


driver.jpg
画面右下には「ディスプレイドライバの応答停止」のメッセージ。
このメッセージと、「ディスプレイドライバnvlddmkm.sysが応答を停止しましたが、
正常に回復しました。」との2バージョンがあります。


3dmark06は高負荷なベンチマークソフトなので、オンボード等、
低性能なビデオチップの場合は完走せずに終了することがありますが、
GV-N26SO-896Iで完走しないなんてことはあり得ません。

実際当店では何度もGV-N26SO-896Iを取り扱ったことがあり、問題なく完走しています。

ただ、極たまに何らかのエラーで完走しないことがあるので、
もう一度トライしてみたのですが、それでも完走しませんでした。

これはおかしいと思ったのですが、メモリーとHDDは事前にテストをクリアしていたこと、
3dmark06以外の動作に問題が見られないことで、OSと3dmark06の相性を疑いました。

ビデオカードやマザーに問題があるとすれば、もう少し症状が顕著にでると思ったからです。

また、この時点ではWindows7のHomeとProの32bit、64bitで3dmark06が問題なく
動くことは確認していたのですが、Ultimate 64Bitでの動作確認は出来ていませんでした。


ラストレムナントのベンチマークを問題なくクリアしたこともOSと3dmark06の相性だろうと
いう考えに傾倒させ、実績のあるVista Home 32bitを入れてみて3dmark06が完走すれば
OSと3dmark06の相性だろうと思いました。

しかし、Vista Home 32bitでも問題は発生し、今度はビデオカードのドライバインストール中にブルースクリーンになってしまったり、シャットダウン中にフリーズすることもありました。


2.検証作業

メモリーとHDDは事前にテストをクリアしていたこと、3dmark06やビデオカードのドライバを
インストール中に問題が発生したことで、まずはビデオカードの不良を疑いました。

そこでビデオカードを別のGV-N26SO-896I に交換してみたのですが、
結果は変わりません。

もう1つ別のGV-N26SO-896I に交換しても同じで、動作確認のとれている
GV-N275SO-18I を使っても症状は変わらずでした。

ここで以前同じような経験をしたことを思いだし、ビデオカードのドライバのバージョンを
変更してみることにしました。

しかし、結果は変わらずで、ここまでくるとビデオカードの不良の可能性は極めて低いです。

そこで、電源を疑って補助電源の要らないビデオカードに交換してみたり、
電源を交換してみたのですが、症状は変わりませんでした。


残るはマザーです。まずはマザーのBIOSをいくつか変更してみましたが、
症状は変わらずです。少し改善された気はしたのですが、それでも問題は発生します。

次に、今回メモリーはオーバークロックで1600に対応したものを6GB積んでいたので、
速度や電圧、タイミングを変えてみることにしました。

メモリーは結構シビアなので、電圧やタイミングを調整する必要がある場合がございます。
しかし、これでも少し改善されたような気がしたのですが、問題は直りません。

メモリー、HDDはテストをクリアし、ビデオカード、電源は交換して検証しているので、
この時点で不良の可能性が高いのはマザーとなります。

そこで、1台目のパソコンはとりあえずマザーを交換することにしました。
GA-EX58-UD5は在庫がなかったので取り寄せです。


3.2台目の発生

※問題が発生した2台目の構成。

マザー:GA-EP45-UD3R
ビデオカード:GLADIAC 998 GT SS 512MB
メモリー:UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800
OS:Windows7 HomePremium 32Bit


症状は1台目と同じでしたが、こちらの方が発生確率は低く、
3dmark06 を10回ぐらいトライすると1~2回問題が発生する感じでした。

パソコンの初期不良率は意外と高く、当店では20~30台に1~2台なイメージです。
7~10種類ぐらいのパーツを組み合わせるので、それぞれの初期不良率が1%前後でも
1台のパソコンにしてしまうと不良発生率は跳ね上がってしまいます。

ただ、2台続けて初期不良ということは少なく、また症状も同じで、
3dmark06以外では問題がないというのもおかしな話です。


Windows7での3dmark06の動作確認は出来ていたのですが、Windows7が
発売されてからまだ日が少ないこともあり、当店でのランニングデータは少ない状態です。

そこで、またVista Home 32bitを入れて動作確認をしたのですが、
症状は変わらずでした。

こうなると3dmark06とビデオカードのドライバとの相性問題の可能性もあるので、
ラストレムナントのベンチマークをループにして長時間掛けてみることに。

見事4時間完走し、一旦は3dmark06とOSやビデオカードのドライバとの
相性問題と結論付けました。


4.3台目の発生と新規受注の中止

※問題が発生した3台目の構成。

マザー:GA-P55A-UD3R
ビデオカード:GV-N220OC-1GI
メモリー:UMAX Cetus DCDDR3-4GB-1333
OS:Windows7 Ultimate 64Bit


一旦は3dmark06とOS等の相性と結論を付けていたのですが、ここで新たな症状が発生。
Windows7のエクスペリエンスインデックスのスコアを計測中に同様のエラーが発生し、
グラフィックス関連のスコアが最低の1.0に。

画面右下には「ディスプレイドライバの応答停止」のメッセージが表示されていました。

慌てて2台目のパソコンでも同様の作業を行うと、10回中1~2回ぐらいの頻度でエラーを確認。
単純に3dmark06とOS等の相性問題ではなく、ビデオカードに高負荷を掛けるとエラーが
発生することが判明しました。

そこで、まずはネットで同様の例と解決策がないかを検索してみました。

ディスプレイドライバ 応答停止(google検索)

同様の症状がNVIDIAだけでなくATIでも発生していること、ハッキリとした原因や
解決策がなさそうだということが分かりました。


ここで代理店のサポートに連絡し、同様の例が挙がってないかを確認。

サポートの答えは、「よく聞くんですが、実際に確認したことがないので分かりません。」との
ことでした。ビデオカードを返品されて確認しても、サポートでは同様の症状が起きたことは
なく、正常品だったとのこと。

この時点で一旦新規受注と相談の受付を中止としました。

解決の目処が経たず、原因もハッキリしていない状態ではお客様に迷惑を掛けてしまいます。
また、新規受注や相談を中止することで、現在受注しているお客様に全力を尽くしたいと
いう気持ちもありました。

最悪問題は解決せず、OSやドライバの更新待ちの可能性もあります。
ただ、それでも出来る限り問題のない状態で出荷が出来るよう、過去のドライバを
探してきて一つずつ検証する作業に入りました。


5.ドライバの検証

32bitと64bitのドライバをそれぞれ9つほど用意し、一つずつ検証を行っていきました。

また、Windows7には過去にインストールされたドライバを自動で保管する機能が
あるのですが、問題があったときには自動で過去のドライバを参照してしまうとのこと
だったので、この過去のドライバを全部削除してクリーンな状態で一つ一つドライバを
試しています。

結果、最新のドライバが一番マシとの結果になったのですが、
それでも症状は発生してしまいます。


正直全部返金してこの仕事を辞めようかとも思いました。
このような状態で出荷することは当店を信じてくれているお客様を裏切ることだと思います。

最低でも問題を公表し、OSやドライバの更新待ち、それでも直る保証がないということを
了承の上でないと販売はできないと思いました。

納期が遅れていることもあり、精神的に一番つらかった時期です。
ただ、それでもお客様は怒ることなく、「待ちます」や「キャンセルするつもりはありません」
との声を頂きました。

HPを見て心配された以前当店で購入されたお客様が、安定動作しているPCの構成や
ドライバの情報をメールでお知らせしてくれたりもしました。

ホントにうれしかったです。


6.転機

1台目のパソコンの代替品のマザーが届きました。実はこれ、2回目です。
最初に届いた代替品は起動しないことがあるという、あきらかに不良品なマザーでした。

そして交換を済まして動作させたのですが、症状は最初の頃と変わらずです。
3台のパソコンのなかで1番多く問題が発生します。

ただ、高負荷中にシャットダウン等、「ディスプレイドライバの応答停止」問題だけでは
なかったため、他の原因も探ってみることにしました。

ビデオカードのドライバとOSの相性でシャットダウンしている可能性もありますが、
他のパソコンはここまでヒドくないため、念のためです。


症状からしてまずはやはりメモリーですが、これは最初と同様3パスをノーエラーで
クリアしてしまいました。

OSは64bitではあるものの、6GBに不具合があるのかと思い、とりあえずメモリーを
1つ外して4GBで動作をさせてみると、エラーが一切発生しません。

ネットで調べてみるとX58チップはメモリー関係がシビアとの噂も。
ただ、当店ではX58にメモリ3枚差しや6GBでエラーがでたことはありません。

そこで、違う1600OC-2GBのメモリーを持ってきて差してみると、
6GBでも問題なく動作し、エラーも発生しません。


7.解決

これはと思い、問題の発生していた2台目のパソコンと3台目のパソコンのメモリーを交換。
その後3台で3dmark06をそれぞれ20回ほどトライしてもエラーが発生しませんでした。

あとは不良の発生するメモリーが特定できれば、間違いなくメモリーの不具合となります。
6GBの方は最初に外したメモリーが怪しいと分かっていたので、その1枚だけを差して
3dmark06をトライ。

無事問題が発生することが確認できました。

そのあと、他の2台でも問題の発生するメモリーが1枚ずつ特定でき、
その他のメモリーでは問題が発生しないことも再度確認。

また、問題が発生するメモリーを別構成のパソコンに差しても問題が発生することを
確認しております。


メモリーは3台ともセットごと交換し、3dmark06を10回ずつノーエラーを確認して
無事問題の解決となりました。

ただ、問題の発生したメモリーは事前に少なくても2パスはテストをクリアしていおり、
また、そのあと問題の発生するメモリーをすべてmemtest86+ v.4.00で10時間以上
メモリーテストに掛けたのですが、12回パスをノーエラーでクリアし、v.2.11でも
7回連続でパスをクリアしたため、単純にメモリーの不良とも言えません。

ネットで当店と同様にメモリーの交換で問題が解決した人がいるかどうか確かめてみたところ、
Corsairのメモリーで問題が発生し、UMAXのメモリーで解決したという方がいました。

Corsairのメモリーはメモリーテストを17回以上クリアしているそうです。

当店の場合は同じブランドと規格のメモリーに交換して問題が解決しているので、
特定ブランドや速度で問題が発生しているわけではなく、微妙な個体差で問題が
発生しているものと思われます。


8.今後の対応

その後組み立てたパソコンには問題が発生しませんでした。
たまたま、問題のあるメモリーを使ってしまったようです。

問題のあったメモリーは、DDR2-800、DDR3-1333、DDR3-1600OCと3種類の規格なので、
恐ろしいぐらいの確率だと思います。

ただ、3台連続で問題を発見したことで、当店の通常のテストでも問題を見逃さないという
ことがわかり、それは良かったと思っています。

今後は3dmark06のテスト回数を増やし、今まで以上に不具合を見逃さないように
努力していきたいと思います。

お待ち頂いたお客様、及び、ご心配お掛けしたことを、改めてお詫び致します。
今後ともBTO高知をよろしくお願い致します。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ディスプレイドライバの応答停止と回復

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.btopcinfo.com/mt/mt-tb.cgi/126

コメント(2)

Nicholas :

「問題が発生した1台目の構成」でオーダーした者です。大変な目に遭わせてしまいました。お蔭様でPCをネットに繫げ、この年末休みにでもゆっくりWindows7を堪能する予定です。本当に頑張って頂きお礼の言葉もありません。次の私のPCを作るまで「正直全部返金してこの仕事を辞めようかとも思いました。」などと言わず、頑張ってください。

笹岡 Author Profile Page:

Nicholas様

最初の1台ということで一番お待たせしたにもかかわらず、
温かいお言葉をありがとうございます。

理由のない相性問題というのが一番厄介で、当店でも極めて稀(1年に1台あるかどうか)に
発生するのですが、相性問題であれば大抵はパーツの交換で直ります。


ただ、今回は3台続けてだったので相性問題とも言えないと思っていたんですよね。
あの時は初の出来事に解決策が見えず、ちょっとしたパニック状態でした。

今回は幸いにも相性問題でしたが、パソコンのパーツは極まれに販売店ではどうしようもない
不具合が起こる場合がございます。


最近ではSeagateのフォームウェア問題リードテックのビデオカード問題等ですね。


幸いにも当店はまだ経験をしたことがないのですが、今後このようなことが起こることも
視野に入れ、問題が発生すればすべて公表の上、ご了承を頂いたお客様のみに販売をする等、
極力お客様にご迷惑をお掛けしないように努力をしながら営業を続けていきたいと思います。

またのご利用、心よりお待ちしております。
今後ともBTO高知をよろしくお願い致します。

コメントする